2016/07/03

雑記:「第1回」



SМ未体験のМ女性であれば、妄想の中では受け入れられる様々なプレイも、いざ実際にとなると「痛そう」「危ない」「怖い」「汚い」――、そんな感情がわいて一歩を踏み出すことができないでいるかもしれません。

しかし、ご安心を。
ほとんどの場合、SとМとの間には信頼関係があった上でのプレイですので、初心者の方はもちろん、初めてプレイをする相手にいきなりこのような「痛い」「危険」「汚い」な行為は行われません。

相手が初心者・経験者を問わず初めてプレイをするМ女性であるならば、プレイの前にはS側が必ずリードしてリラックスさせてくれたり、プレイの説明をしてくれたりするはずです。

その過程において、М女性もまた自身の嗜好や性癖を話せるようになり、よりお互いの情報量が増えてプレイにも幅ができるはずです。

逆を言えば、そのようなこともなくガツガツと事を進めようとする相手の場合は気をつけましょう。

ごくごく稀に、「М」なら何をしても構わないという頭のおかしな考えの人もいます。

また、事前にSMについての知識やSM論を得意気に振りかざしておきながら、実際にホテルへと向かうと、SMなんておざなり程度で、早々と挿入し早々と果てて終わるという自称S男(なんちゃってS)の話もよく聞くので、こちらも注意が必要かもしれません。

やはりSMというのはその性質上において出会いからプレイに至るまで様々な「危険」は付きまといますので、それだけは忘れずにいてほしいものです。

しかし、信頼できる相手さえ見つかれば、きっとあなたの想像以上の素晴らしい体験ができるはずです。





「徳島SM体験プレイサークル」
http://5k3cx.blog.fc2.com/

徳島市内で主に初心者M女性向けのサークル活動をしています。
もちろん、初心者以外のM女性も歓迎です。
何をされるかわからない男性主導のSMではなく、貴方がやってみたいSMをしてみませんか?












スポンサーサイト
[PR]

[PR]